事例紹介Winglet(パーソナルモビリティ)のシェアリングシステム

BACKGROUND
背景/課題

未来の新しい移動のあり方として、屋内から屋外まで人の移動をシームレスにサポートし、人や環境に優しいモビリティが必要とされている。モビリティを所有ではなくシェアすることも期待されおり、これらのコンセプトを表現したTOYOTAの新しい次世代モビリティがWingletです。TOYOTAと弊社でWingletに対応したシェリングシステムを構築し未来の交通システムを検証することを目的としたプロジェクト。

Implementation items
実施事項

必要な機能を具現化するだけではなく、モビリティのコンプトにあった多様なシーンでWingletを活用出来るシェアリングシステムを構築し検証するため多くのユースケースを想定したシステムの開発を行う必要があった。またユニバーサルに利用をしてもらうため精算機や充電スタンドなどのハードウエアの構築も 行い、ITシステムからシェアリングの現場、さらには街やコミュニティの活性化も意識したシステムを構築した。 リアルタイムのナビゲーションに進化させることを実現し記憶や勘などの要素を排除した安心安全なシステムを実現した。今後歯科の教育システムとしての活用を期待されている。

Technical features
技術的な特長

会員登録から決済、認証機能などシェアリングに必要なあらゆるソフトウエアを構築し 車両の動態データの収集やジオフェンスによるアクション、バッテリーマネージメント等のiotの機構も導入した。またソフトウエアに合わせ屋外対応の精算機や充電スタンドなどハードウエアの開発製造も行った。これらが一体のサービスとしてシームレスに稼働できるスマートなモビリティマネージメントシステムを実現し現在お台場などで稼働している。